たるみが肌にあらわれるのは、一体どうしてでしょう。肌のたるみは、年齢を重ねると段々とわかるようになります。たるみが発生するのは、どんな理由なのでしょう。たるみがあると、実際の年齢以上に年をとって見えるようになりがちです。

気をつけるべき点に、まぶたのたるみがあります。まぶたはたるみやすい部分であり、まぶたがたるむと顔の雰囲気も変わります。まぶたを下から支えていた筋膜が加齢と共に弱ったために、まぶたのたるみが増えることもあります。脂肪が減って、まぶたがたるんだりもします。

頬を支えていた筋肉が年をとって細くなったり、口の周りにあった脂肪がなくなっために皮膚が垂れさがることで、ほうれいせんにたるみができます。顔の筋肉が弱くなり、脂肪を支えきれなくなると、顎全体のシャープさが失われます。

年齢による変化がてきめんに出る部位として、首の皮膚があります。ケアをしているかどうかで開きは出ます。首まわりの皮膚は意外と色々な時に使っているので、たるむ人は大勢います。

肌のたるみが目立つようになる理由は、筋肉や脂肪が減って皮膚をキープしておけなくなることからです。肌のコラーゲンやエラスチンなど、皮膚のハリを保つ成分が少なくなることもたるみの原因です。

コラーゲンやエラスチンが皮膚に存在していることで、皮膚には保水力が保たれて弾力が出て、たるみも減りますが、年を取ったり、女性ホルモンが減ったりするとその限りではありません。加齢と共に皮膚のヒアルロン酸や皮下脂肪は少なくなりますし、皮膚全体のボリュームがなくなって厚みがなくなり、たるみやすくなります。

肌の弾力や保湿性など本来の機能が低下するために、肌のたるみが目立つようになってしまいます。